1
ヨコハマハワイイフェスティバル2007(3日間で、308,000人集客)
協力:コーディネイト・企画・演出  
●サーフライダーファウンデーションとの、環境、
 カルチャーコーディネイト
●世界的に有名なブルースオズボーン氏の推進する
 「親子の日」の写真展をコーディネイト&開催サポート
●NGO団体プランジャパンとのコーディネイト
2
「虹の日」7.16に、キックオフイベント!
会場=横浜ミリオンズデリ 開催時間18:00〜
参加人数60名/10代から60代まで参加。場内禁煙
入場料2000円(大学生1000円)

キックオフイベント構成:
1.「虹の日」開催の趣旨、ビジョン、理念をファウンダーから紹介。
2.コアメンバー10名のプロフィール紹介&挨拶
3.乾杯「キャラメルズ」メンバー
4.歓談各自己紹介
5.演奏開始
(参加バンドには下記のような趣旨に添った選出理由があります。)
●エコロジーで受賞した印刷会社の社長率いるオヤジバンド「JUNK FOOD」
 ※演奏前に代表よりエコに関して企業の取り組み、事例を紹介。

●海と自然を歌う中年のバンド「コースト・グルーバー」/ SURF ROCK
 ※自然に対して謙虚になることを、波乗りを通し教わった体験などを紹介

●若い人の心の内面的な弱さを前向きに訴える歌詞と、本気でプロを
 目指すメンバーがいる大学一年生のバンド「キャラメルズ」/ J・POP
 ※自分たちが目指す未来を語る

●特別参加:ウクレレを弾く女子16歳みんなもビックリ!テク演奏。
      カナダ帰りの女子、反戦の歌を披露、おやじ達一同も歌詞に感激!
6.「虹の日ケーキ」カット。若者だけで完食!
7.記念撮影
8.大学生をメインにセッション開始。即興で、虹の曲を創作。
 お客さんも一緒に大声で歌う。
9.閉会の辞
※収益の中から、新潟地震が開催日(7.16)の朝に起きたので、
その会場で参加者の賛同を得て、7,000円を日本赤十字地震義捐金として寄付。
●今後の活動予定
志あるメンバーの連携により、日本から世界中に後輩達への
サポートをするためメンバーのスキルを発揮し、多岐に渡り貢献していきます。